【フジプレコン株式会社】土木・建設・環境・鉄道など、さまざまな事業に適したコンクリート資材ならお任せください。
フジプレコン株式会社 HOME
商品情報
PRODUCTS >ECO SINTOUMASU
特徴
水と仲良く付き合う生活

私たちの生活環境が発展していく一方で、地球規模での様々な環境問題が増加しています。その中でも水環境は、最も私達の身近なものであります。
大雨による水害や、雨が降らない事による川の枯渇、これらは生活環境や自然環境にとても苛酷な問題です。
その中で、対策として全国的に「雨水浸透桝」の設置を推奨する自治体が増えています。
「ECO軽浸透桝」は継続管理や機能性・施行性に優れ貯留浸透能力を発揮できる構造となっております。
なぜ浸透することが大切なのか?
開発により大地を舗装や屋根等で覆う事で、大雨が降ると一気に雨水は地表を流れ、洪水や浄化されない雨水が川や海に流れ出ます。また、雨が降らない時の地表は水分を失い、植物や小動物に過酷な環境となり、川は枯渇してしまいます。さらに大雨の為に、川は河川改修工事をして堤防を広く高く築き、水路側溝は大きなサイズに変更することが必要で莫大な費用がかかってしまいます。



浸透施設により雨水を積極的に浸透させることで、汚れた雨水を土壌の力で浄化でき、雨水の急激な流下を抑制し、大地や樹木に潤いを与えます。また、森林や緑化も雨水の流下を遅らせる効果が得られるだけではなく、それ自体に保水機能があり、蒸発散することで、温暖化防止効果もあります。自然と共存し雨の恵みを活かせる街づくりができます。
ECO軽耐浸透桝とはどんなもの?

浸透施設において特に重要な事は、なんといっても大雨の時に災害を防止する事です。しかし、浸透桝自体の開孔が塞がったり、目詰まりして、気付かない間に浸透効果を妨げ、いざという時の大雨に対応できず、オーバーフローしてしまう施設もあるようです。それでは浸透桝の本来の目的を果たせません、ECO軽耐浸透桝ではそういった問題を解決するために維持管理をし易く、多少の目詰まりでも機能低下しづらい浸透桝を開発しました。

ECO軽耐浸透桝の主な特徴
●一時貯留効果に優れている(角桝が有効)
●軽量で施行性に優れている
●組み合わせによる豊富なバリエーション
●桝からの浸透量を阻害しない開孔構造・・・1
●浸透良好な土壌の浸水層に広く拡散・・・1
●維持管理し易いメンテナンスシステム・・・2
阻害防止浸透開孔(スリットホール)
浸透桝の開孔が大いとゴミやビニール等が侵入しやすくなり、開孔が細かすぎると、目詰まりし易くメンテナンス頻度が多く必要で、維持管理を怠ると危険です。そこで、ECO軽耐浸透桝ではスリットホール構造を採用しました。
雨水排出孔は大きなゴミが入らないように小さな開口が好ましい
単粒度砕石の大きさを考慮し排出孔が閉塞しないように通水スリットを設ける
小さな孔で大きな浸透(排水)効果を得る事が期待でき、コンクリート強度上も良い
孔のみでは砕石による阻害率が大きく、閉塞し易いため、十分な効果が得られない
スリットを設けることで雨水は積極的に良好な土壌の浸透層へ拡散できる
孔の数は多い方が集中的な目詰まりを抑制する効果が期待出来る
維持管理パーツ(ダスタープレート)

ゴミ受け処理は比較的浅い所で行いたいのですが、接続管等の関係で現場ごとに高さが変わってしまいます。ダスタープレートはある程度、現場にあわせたセッティングが可能で、施行後の位置変更も使用者が調整できます
<調整法>
メンテナンスしやすい位置に桝内部から浸透開孔に調整バーを通します。(バーの一方を差し込み対面の壁面に掛かる様にします。)ダスタープレートを乗せてセット完了です。

セーフティフィルター
時代は究極の維持管理システムへ・・・
雨水流出抑制施設には様々なタイプが有ります。浸透桝・浸透井戸・浸透側溝・浸透トレンチ・砕石貯留浸透施設・大型ボックス貯留浸透槽・プラスチック貯留浸透槽等、これらのほとんどで泥やゴミの流入による能力の低下は避けられません。特に泥の問題は深刻で施設にとって天敵です。確かにフィルターのような物を付ければ泥は止める事が可能です。しかし、大雨がきたときにフィルターが目詰まりして、オーバーフローしてしまい『それなら泥処理はしないで能力低下した方がよい』ということになってしまいます。セーフティフィルターでは従来と違った方法で泥やゴミを処理でき、雨水流出抑制施設を効果的に、安全に機能させる事を目的に開発しました。
 
従来の泥対策(フィルター)処理のメリットとデメリット

セーフティフィルター(各種浸透施設)

●浸透施設の敵、泥や砂分離対策
●枯葉・ゴミ・石・タバコ等の堆積防止
●浮遊物の除去構造
●ステンレス製・もち手付き
●後付け対応(応相談)
●大雨時用オーバーフロー構造

セーフティフィルターの各層の機能
ECO軽耐浸透桝(宅内用)
製品規格寸法
寸法表(mm) 参考重量
呼び名 B B` H a a` c c` e h (kg)
軽耐浸透桝 300 390 320 420 280 232 383 37 20 70 20
軽耐浸透桝 360 465 380 480 344 397 435 45 18 70 36
軽耐浸透桝 450 565 468 600 424 485 545 55 22 70 71
※嵩上げ桝・コンクリート蓋・グレーチング蓋等はお問合せ下さい。
 
軽耐浸透桝の雨水処理量
雨水浸透施設 段積数
雨水処理量(m3/hr・箇所)※()内は浸透量のみ
施設貯留量
(m3/箇所)
.ローム層
微細砂
細砂
中砂
軽耐浸透桝 300 1段 0.198(0.126) 0.513(0.441) 1.959(1.887) 10.762(10.690) 0.072
2段 0.364(0.211) 0.893(0.740) 3.323(3.170) 18.119(17.966) 0.153
3段 0.540(0.306) 1.305(1.071) 4.826(4.592) 26.256(26.022) 0.234
軽耐浸透桝 360 1段 0.225(0.119) 0.629(0.523) 2.348(2.242) 12.813(12.707) 0.106
2段 0.476(0.255) 1.114(0.893) 4.049(3.828) 21.919(21.698) 0.221
3段 0.709(0.372) 1.641(1.304) 5.927(5.590) 32.018(31.681) 0.337
軽耐浸透桝 450 1段 0.377(0.196) 0.867(0.686) 3.120(2.939) 16.836(16.655) 0.181
2段 0.718(0.345) 1.582(1.209) 5.556(5.183) 29.745(29.372) 0.373
3段 1.079(0.515) 2.364(1.800) 8.275(7.711) 44.257(43.693) 0.564
※浸透桝の雨水処理量は現地土質または透水係数をご確認の上、
設置場所に適した製品や設置数量を選定して下さい。

※浸透桝の雨水処理量は貯留量を含みます。
施設の砕石は桝幅+200mmX2と底面にH100mm(施行例参照)で施行した場合での処理量です

オプション
A. ダスタープレート
(目詰り防止・ゴミ除去。維持管理用)
B. 嵩上げ桝
C. コンクリート蓋(浸透用集水蓋も有ります)
D. グレーチング蓋(落とし込み・つば付き)
E. 浸水シート
ECO浸透桝(中・大型タイプ)
製品規格寸法
寸法表(mm)
呼び名 W W1 A A1 A2 B C D E T
浸透桝 300 500 620 200 540 450 300 300
400
500
60 - 60
浸透桝 1000 1000 1180 120 - - 500
1000
500
1000
120 120 90
※500はグレーチング蓋とコンクリート蓋が選べます。1000はマンホール蓋仕様になります。
※浸透処理量の計算等、お問い合わせ下さい。
オプション
設計と施工について

開発行為において、雨水処理は比較的初期の段階で決定しなければなりません。それに
より敷地勾配や水路配置が決まる場合も多く、「開発することで増加した分の排水を既設(敷地外)の水路に接続できるか?」、「敷地内処理(浸透・貯留)するのか?」、自治体の基準や指導、立地的な諸条件と合わせて進めていきます。
以下に敷地内浸透処理する場合の設計手順を概略示します。

雨水敷地内浸透処理設計手順(参考)

●雨水流出量の算出
・開発地域の降雨強度
・流出係数(舗装・屋根・間地等ごと)
・面積(舗装・屋根・間地等ごと)
V.雨水流出量(m3/h)
(100%処理の場合)
(開発により増加分のみの場合)
(一部放流できる場合)
●浸透に適した条件の確認
・急傾斜地ではないか?
・土質調査(ボーリングデータ等)
・地下水位は高くないか?
OK.浸透量の算出へ
(NG.貯留・オリフィス放流)
●浸透量の算出
・土壌の飽和透水係数
・浸透施設の比浸透量
・目詰まりと地下水位の影響係数
・浸透施設の貯留量
Q.浸透貯留量(m3/hr)
(自治体で独自の算出基準があるときはそれに順ずる)
V < Q ・・・・・・ OK ⇒ 配置計画

参考施工例(桝)